• 庭に侵入してくる、ねこ撃退するには

    庭の花壇や畑に侵入して糞尿をしたり、車にひっかき傷をつけられたり。ねこの姿は可愛くても、うんざりしてしまうものです。

    ねこは縄張り意識が強い動物で、縄張りの範囲はおよそ50〜100メートルといわれます。

    この狭い範囲のなかで、寝床や食事する場所を決めているのです。



    大事な庭をトイレとして使われてはたまりません。

    あなたの探していたビジネスジャーナルに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

    ねこ撃退対策をおこないましょう。
    ねこ撃退するためにポイントは、侵入の防止と嫌な不快な場所と学習させること。



    ねこは自分の縄張りへの執着心がとても強く、1度お気に入りの場所と決めると、何度追い払っても戻ってきてしまうのです。
    ねこ撃退するためには、この場所は危険で不快、来たくないと思わせることが必要なのです。ねこの侵入を防ぐためにネットを張ったり、柵の上に、ねこよけのトゲトゲシートを設置することでも、ある程度はねこの侵入といたずらを防ぐことができます。

    そして最もシンプルなねこ撃退方法は、ねこが嫌いな匂いの忌避剤を置くことです。地面にまく、固形タイプの忌避剤は持続性があり、長い間効果を発揮してくれます。ねこを驚かして追い払ってくれるのは、設置型の超音波を発生する機器です。

    赤外線のセンサーで侵入してきたねこの動きを察知すると超音波を放射、不快な音で追い払うのです。
    不快な音がする嫌な場所とねこに学習させることで、ねこを遠ざける効果が期待できるのです。

    ねこの動きに合わせて超音波の周波数と音圧をランダムに変えるタイプは、ねこが超音波に慣れることも防いでくれます。

    ねこ撃退はねこを慣れさせないこと、継続して何度も追い払い、ねこに嫌な場所と思い込ませることが大切なのです。